忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんはRu4Lです
最近あったちょっと怖い話を書きたいと思います


21歳大学生、飲食店でアルバイトしている私です。
私は、オカルト・ホラー・グロテスクな表現に耐性があります。
というか好きです。暇なときはネットで心霊写真、某オカルト板、心霊スポット動画、ぐぐってはいけないワードなどを見て暇をつぶしています。スマホにすらその手にアプリを入れて持ち歩いているような人間です。


これは1年ほど前のできごとです
私はいつものようにホラー動画あさりをしていました。
いろいろと見ていたのですが、その頃頻繁に金縛りもどきを経験していました。

簡単に説明しますと、まず、夜中に目が覚めた感覚になります。しかし眼を閉じているようでなにも見えないのですが「あーなんかやばそう」と思うくらい変な感じがするのです。
その後、あんまり覚えていないのですが、ベッドに体が沈む感覚になります。
たいがいいつも「よし、このまま寝てよう」と考えてそのまま寝る体制に入ります
どんどんどんどん沈んでいき・・・気がつけば朝を迎えています。

そんな金縛りもどきを連日体験していたのですが、実際夢なのか現実なのかわからないくらい曖昧なものです。
朝起きて、親や友達に「俺今日金縛りあっちゃった!!」っと話題にして話を盛り上げていたくらいです。


アルバイトで時々深夜2時過ぎに帰宅すると時があり、その帰りに近くのコンビニに立ち寄るのですが
人見知りの私は店員さんとの会話も「レシートは?」「いいです」くらいの会話しかしないのですが、その日は私が地味に常連になっていたこともあり少し店員さんと会話しました。

店「今日も寒いですねー」
R「そうですね・・・」
店「何時もつかれてますねww」
R「えぇ、アルバイト帰りでして(苦笑)」
のような会話だったと思います。


その後2週間ほど金縛りなどにあうこともなく、なんだーやっぱ夢かーっと確信して残念がっていたのですが
その日の夜に久しぶりに金縛りもどきにあいました。

「よし。いつもどおり寝よう!」と思っているとなかなか寝付けません。
その時「起きてるな?」という声が聞こえ、パニックになりベッドから飛び起きました。
ほぼパニック状態になっていたのですが、なぜか別の声で「眼だ!眼を狙え!」っという必死な声が聞こえ
気がつけば私は自分の目を殴っていました。

その後気がつけば・・・朝
しかし、眼は痛くなく、殴った後もない・・・
結局、夢の中で金縛りにあい、夢の中で起きて眼を殴り、夢から覚めたのでしょう。

夢(夢(現実 のような感じだったのでしょう。



でも。一緒に住んでいるおばあちゃんからこの部屋に前住んでいた父の妹も金縛りにあっていたと聞きました。
古い家なので家がゆがんでいるのか夜にドアが開いたり。
朝、窓の外の瓦屋根でネコがすごい泣き声で鳴きながら走っていく音で目が覚めたりします。

ドアとネコは前からよくあったので今も気にしていませんが
もしかしたらあの時はほんとに金縛りにあっていて亡くなったおじいさんが守ってくれたのかもしれません。

おじいさんかもしれないと思うのはおばあちゃんが仏教徒で昔からおじいちゃんが守ってくれているからと言われてて毎年正月には家族でお寺にお経を唱えにいったりするからです。
あとはあの時の声に私がなんとなく聞き覚えがあり、信じていいのかどうかという不安な気持ちもなかったからです。



小さいときに川に落ちたときも
自転車で坂から転がり落ちたときも
自転車で車にはねられたときも
バイクで車と正面衝突したときも

無傷だったのももしかしたらおじいちゃん達のおかげなのかもしれません。
PR
≪  225  224  223  222  221  220  219  218  217  216  215  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ruki4L または Ru4L
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/06/12
職業:
大学生
自己紹介:
カウンター
バーコード
お絵かき画像
忍者ブログ [PR]