忍者ブログ
MASTER →  ADMIN / NEW ENTRY / COMMENT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんか適当につぶやきましょう。

①無謀だって言われるのが嫌いです。
きっとその手の話だと少しきつい対応してしまうのだけれど。基本的にきつい対応する相手はかなり信頼を置いてたりするのだけれど。

さて「無謀」という言葉が嫌いです。
別にやればできるみたいな精神論を言うわけではないですけれど。
たとえば「お前wそれは無謀だわ」と言うとします。
・こちら側の総合ステータスを勝手に値踏みされている。
・その上で達成できないと勝手に決め付けている。
・相手は挑戦する気も無くすでに諦めている場合が多い。

無謀だといわれると挑戦したくなる。
実際のところ俺のギャンブル好きに見える面は極度の負けず嫌いなのかもしれません。

とはいえ。昔からピンチをチャンスという考え方を遥かに超えて。
ピンチで俺!これは俺の舞台だぜ!くらいの性格なのでやや好戦的なのかもしれませんけどw

②想いの力は存在する。俗に言うゾーンは存在するかも

これは個人的に今までの人生の中でかなり感じてきたことだと思う。
たとえば。ダーツをしていて最後3本が全部ど真ん中に入ったり。
奇跡といえば奇跡かもしれないけどでもほんとにあの感覚は昔から忘れられないのね。

ダーツのときもそうだし中学の部活で連続10数点決めて勝利したときもそうなのだけれど。
なんか自分がやりたいことが全部うまくいくような感覚。
ダーツだったらダーツが自分の手から飛んでいく軌道線が見える(過剰表現)くらいの自信と空間の掌握感。自分の想いにあわせてすべての環境があわせてくれているような感覚。

そして絶対に失敗するわけがないと言う自信


この感覚を感じたときは大抵うまくいってきたと思います。
もしかしたら本当の意味で集中力が頂点に達しているのかもしれませんね。
文章下手なので伝わってないと思いますけどきっと皆どこかで似た体験してると思う。

③事故の瞬間って本当にスローモーション?
これはマジでした。
バイクで車と事故したときに本当にスローモーションでした。
でも頭は超クリア。

ブレーキかけた瞬間にぶつかる前に止まれないことが一瞬に分かって
そしたらどうすればいいかと考えてたときにはもうバイクを乗り捨てて。
バイクのハンドルで腹部を打った瞬間も。バイクとクルマのフロントがぶつかっている瞬間も記憶にあります。ただぶつかってからは一瞬。
その後無傷で生還したのですけれど。やはり極限状態には意識はフル回転するのかもしれませんね。


なんか人って面白いですね。

④他の生物の思考回路

人は思考する発言もする。
犬も猫も人になつく
それなら虫やその他の小さい生き物達にも感情はあるのではないでしょうか?
魚なら針が刺さったときにエラあらいしますよね。
ふぐは陸にだしておくと膨らんで海へ帰りますよね。

そう思うと。意味も無く生物を殺すことへ罪悪感がすごいです
自分に害をなした場合は別です。
たとえば蚊が刺してきた。や食べるための行為は罪悪感は感じません。
なぜなら世界はそういう風にできているから。

でも、たとえば目の前にゴキブリがいたら?
久しぶりにはいった倉庫にクモがいたら?
貴方は殺しますか?殺虫スプレーまきますか?

思考があるのだとしたらすごく残酷なことですよね。。


以上
PR
≪  241  240  239  238  237  236  235  234  233  232  231  ≫
HOME
Comment
この記事にコメントする
お名前:
URL:
メール:
文字色:  
タイトル:
コメント:
パス:
ブログ内検索
プロフィール
HN:
Ruki4L または Ru4L
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/06/12
職業:
大学生
自己紹介:
カウンター
バーコード
お絵かき画像
忍者ブログ [PR]